中国製品を使ったビジネスをするなら輸入代行業者の協力は不可欠

ショッピングカートとパソコン

輸入代行は検品レベルの高い業者を選ぼう

コンテナ

中国の海外通販の魅力はなんといっても価格の安さです。スマホケースなどは同じ商品が日本の10分の1の価格で売られていることもあり安く買い付けと仕入れができることで人気を集める中国通販ですが、品質については日本の通販のレベルを期待してはいけません。
一昔前まで中国からの輸入といえば安かろう悪かろうの代名詞でした。現在では状況はだいぶ改善されており以前ほどトラブルは起きませんが、それでも日本の通販と比べればサービスクオリティは低いと言わざるを得ません。中国からの輸入に多くの人が中国輸入代行業者を利用するのはそういったトラブルに備えるという意味合いが強く、直接やり取り出来るだけのスキルがあっても万一の事態に対応するために輸入代行を利用する人は多く見られます。
やっかいなのは輸入代行業者によって検品の質に差があることです。輸入代行業者は商品の発注や受け取りの他に注文した商品が確実に届けられているかどうかを確かめる検品を行います。検品のおかげで安心して輸入ができるわけですが、業者によっては検品基準が甘く設定されているため納得出来ないクオリティの商品が届けられてしまうことがあります。
届けられた商品の状態に納得がいかなければわざわざ輸入代行を利用する意味がありません。口コミなどを参考に信頼できる検品体制が用意されているかをチェックして業者を選びましょう。